自動車補修・修理の裏ワザ

自動車補修・修理の裏ワザ

補修・修理をせずに、塗装でごまかす兄

PAGETITLE
僕の兄は、プラモデル業界ではそこそこ有名で、雑誌のコンテストで金賞を取ってしまったり、記事を書いてくれと、雑誌社から依頼が来るほど、プラモデルの凄腕だったりします。
僕もプラモデルでわからないことがあったら、すぐに兄に聞きますが、僕と兄の決定的な違いが、僕はプラモデルを綺麗に作ろうとしますが、兄はあえて汚します。
ウェザリングと呼ばれるこの手法は、例えば戦車のプラモデルだったら、歴戦の戦車にするべく、砂埃やサビを、わざとつけるような手法です。

ある日、何十年ぶりかに、兄と僕でプラモデルをただ黙々と作るという、不思議な日がありました。僕は塗装関係の道具は一切使わないのですが、兄はガンガン使う為、部屋はシンナー臭が充満しました。兄はなれているようですが、僕はなれていない為、定期的に外に出ないと、ちょっと気持ち悪くなってしまいます。
そんな部屋で兄が一言「あっ」と声を出しました。何事かと思うと、兄がプラモデルを加工している途中で、パーツのひとつに穴を開けてしまったようでした。

すぐ補修・修理しなくちゃと言いましたが、兄は「うーん、これは使えるかな」といって、その穴の周りを塗装しはじめました。基本茶色系のプラカラーを使用しています。
一体何をするのかと、じーっと見ていると、ほんの数分で、そのパーツはプラスチックではなく、どう見ても鉄のようにしか見えないような塗装をほどこしました。その穴は、金属がさびて穴が開いているようにしか見えない部品となりました。やっぱりその道に精通している人というのは、すごいものです。


Copyright(c) 2017 自動車補修・修理の裏ワザ All Rights Reserved.